忍者ブログ

18Oct

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    29Jun

    改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ

    Posted by 緑内障改善エクササイズ in 緑内障改善エクササイズ

     





    この方法は現在までに緑内障でお悩みの多くの方達を
    失明の恐怖から救ってきた“やれば効果が得られる”確かな方法です。

    ではこの方達は一体何を行ったのでしょうか?

    今からその秘密を包み隠さずお話しします。


    初めまして、今野 清志と申します。

     

    現在、東京都日本橋で、目の美容室「日本リバース」を開業しております。

    皆様に、健康と美容の促進、そして、笑顔でいられる生活環境の指導に思いを込め
    20年以上に亘り10万人を超える患者様を施術してまいりました。

    特に目の治療には力を入れており、現在までに日本全国より訪れた
    3万人以上の患者様の視力回復に成功しています。
    その成功率は90%を上回り、メディアから取材を受ける機会もありますので、
    もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

    わたしがこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。

    緑内障で失明の恐怖と闘っている方がとても多いから。

    そして、その方達の緑内障の原因を取り除き、緑内障の進行を食い止め、
    失明の心配を一掃する人生を送っていただくためです。

    「でも本当に緑内障を改善するには、手術するしかないですよね?」

    と、思われるかもしれませんが、心配はいりません。

    日本リバースにご相談に来られる患者様も次のようなお悩みを抱えています。

    「緑内障は改善したいけれど、手術は怖い…」
    「担当医が諦めてしまっている…」
    「点眼薬を使用しているが、眼圧を下げることが出来ない…」

    また、「医師の勧めで手術を行ったが、たった数年で眼圧が手術前に戻ってしまった」
    といったお話もよくお聞きします。

    一般的に、緑内障は薬で失明を先延ばしにしているだけ…と。

    しかしわたしは、視力回復のスペシャリスト、アイトレーナー師として、
    「光のある人生を送っていただきたい」との思いから、現在まで10年以上の間研究を重ねてまいりました。

    緑内障の改善ですから、眼に働きかけることは勿論ですが、
    自律神経や血流、内臓の働きにも着目し、
    試行錯誤と失敗を繰り返しながら緑内障改善の体系化が固まってきました。

    そして、緑内障改善の研究を始めてから10年が過ぎようとした頃、
    わたしは画期的な物と出会ったのです。

    そしてその画期的な物を使って、
    視力が0.01以下で歩くこともままならなくなっていた患者様に、施術を行ってみたのです。

    施術が終わるとその患者様は、
    5m先の壁を指差して、「時計がある!時計が見える!!」とおっしゃったのです。

    今まで何度も来院していたにもかかわらず、まったく見えていなかった時計が、初めて見えるようになったのです。

    更に数日後、2回目の施術の後には、「時計の針が動くのが見える!」そうおっしゃいました。

    その後も施術を継続した結果、0.01以下だった視力は0.5まで回復し、
    ついにはその患者様の目になっていた大切な「白い杖」を手放すことができたのです。

    勿論手術等は一切行っておりません。

    つまり事実上不可能とされていた
    手術や薬に頼ることなく、たった1度の施術で、視力を回復する事ができたのです!

    それと同時に、「何故眼科医は視力を回復させられないのだろう?」
    と疑問を持つようになりました。

    そして、〝目〟を回復させる研究にさらなる情熱をかけて取り組んだのです。

    その結果この「自宅で出来る改善法」を確立し、その効果の高さが注目されて、
    マキノ出版様より取材を受け、特集が組まれました。

    更に、購読者様からの要望により、マキノ出版本社ビルにて、
    様々な目の疾患のお悩みがあり、その中でも特に目の悪い購読者様を集めたセミナーを開催したのです。

     

     

    通常、緑内障を改善する為には、〝点眼薬〟や〝手術〟による治療方法が一般的です。
    しかし、この「自宅で出来る改善法」は一切お金を掛けることなく、特別な道具も使わずに、
    緑内障を改善する事が出来るのです。

    そしてこの方法の素晴らしい所はまだあります。
    自宅で自分で行うことが出来るのにもかかわらず、
    まるでその効果は、手術を行ったかのように、貴方の緑内障を改善する事が出来るのです。

    「手術の効果ってどのくらいなの?」と思われるかもしれません。
    ではここで、点眼薬と手術の効果について少しだけお話させていただきます。


    点眼薬や手術では〝緑内障の進行〟は止められない!?

    緑内障とは、視神経乳頭変化、及びそれに対応する緑内障障害を認める慢性の病気です。
    分かり易く言い換えると、視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる病気で、
    ゆっくりと症状が悪化していき、放置して治る病気では御座いません。

    医師からは、「緑内障は殆どの方が、点眼薬で一生コントロールできます」と言われるようですが、

    残念ながら日本における失明原因の第1位が緑内障による失明です。

    点眼薬で治療を行っても、眼圧のコントロールが上手く出来ない場合は手術になりますが、
    代表的な手術はレーザーも含め3種類あります。

    どの方法も線維柱帯(房水のフィルター)に働きかけ
    房水(目の中で回っている水)の流れを良くして眼圧を下げるのが目的です。

     まずレーザーによる「SLT線維柱帯形成術」という手術方法ですが、
    レーザーで線維柱帯を掃除して、
    房水の流れを良くする事で眼圧を下げる方法です。

    レーザーによる手術なので、簡単で安全なように思うかもしれませんが、
    この手術は医師の中でも賛否が分かれます。

    不動産投資の増山塾DVD利回り5%でもキャッシュフローが毎月18万円出る投資法 【プライムアセットFXセミナー】動画予約・BBFマニュアル付き 宮崎式ワイド馬券の王道 身花流リフトアップ 【全額返金保証】ダイエットとは違う痩せる方法~753ダイエット~ 藤原・才野理論「ソフトボール・攻撃力アップコース」 ミステリー・アフィリエイト2011

    と言うのも、様々な説はありますが、
    現在の所何故レーザー照射で線維柱帯の
    目詰まりが改善されるのかメカニズムが解明されていないからです。

    それにこの治療で眼圧が下がる確率は60%~80%で、
    数年しか治療効果を持続できず、その平均は5年と言われています。

    次に「隅角線維柱帯切開術」ですが、
    房水のフィルターの目詰まりしている一部分を切開して、
    房水の流れを良くする事で眼圧を下げる方法です。

    最後に「隅角線維柱帯切除術」ですが、
    目の外から穴を開けて防水を外に出して、眼圧を下げる方法です。

    「隅角線維柱帯切開術」も「隅角線維柱帯切除術」も平均一週間から10日間の入院が必要になります。

    そして、どちらの手術も長期的な効果が余り見込めず、
    ほんの数年で眼圧が手術前に戻ってしまい、再手術が必要になる場合が多いのです。

    上記のことを考えると、点眼薬や手術では眼圧を下げつづけることは出来ないのです。

    そして、眼圧を下げることができなければ緑内障の進行を止めることは不可能で、
    その先には失明という悲しい現実が待っているのです。

    「点眼薬を使用しているが、眼圧は上がる一方だ…」
    「手術を勧められいるが、迷っている…」
    「失明してしまうのでは無いか…」

    貴方も、この様な気持ちになったことはないでしょうか?

    緑内障とは「目の成人病」とよばれ、比較的中高年に発症する事の多い病気でした。
    現在は40歳以上の約17人に1人が緑内障だと言われていますが、
    自覚症状が殆ど無いことから、実際にはもっと多いのかもしれません。

    そして、わたしが「比較的中高年に発症する事の多い病気でした」と言ったのには訳があります。

    と言うのも緑内障は、徐々に低年齢化の傾向にあり、危険性が高いからです。


    その原因として考えられるのは、
    日常生活における目の酷使とステロイド剤による薬害です。

    家庭や職場にPCが普及して、1日の大半をPCの前で過ごすことにより、
    過去の時代からは想像が出来ないくらい、目を酷使する日々を送っているからです。

    それに、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症等の増加に伴い、
    ステロイド剤を使用する人が非常に増えているのです。

    アトピー性皮膚炎では、ステロイド剤の服薬や、軟膏を使用する場合が多いですし、
    花粉症等ではステロイド点眼薬を使用する場合もあります。

    その様なステロイド剤の使用から、実際に緑内障になる事例が報告されていますので、
    これからはますます緑内障の患者数は増えることが予想され、低年齢化の恐れがあるのです。

    実際に最近は10代、20代の若い方が、他の眼病で眼科を受診し、たまたま検査を行った所、
    「緑内障予備軍」と診断されるケースが多くなっています。

    緑内障は放置すると視野欠損が進み、最終的には失明してしまいますが、
    急性緑内障以外の緑内障は、10年から20年の長い月日を経過して失明に至ります。

    今までの緑内障の傾向ですと、40代位から自分でも気が付かないうちに発症し、
    自覚症状が現れるのは、5年から10年後の視野欠損がかなり進行してからになりますので、
    例えその方が失明に至るとしても、70代や80代になっている可能性が高いのです。

    ですから、実際に緑内障で失明に至るのは、ご高齢の方が圧倒的に多く、
    失明に至る前に天寿を全うされた方も多くいらっしゃったことでしょう。

    ですがこれからは、働き盛りの若い方の失明も、珍しいことではなくなってくると考えられます。

    実際の調査結果でも、
    1990年の調査結果では、日本の失明原因の2位が緑内障で13%でしたが、
    2002年の調査結果では、日本の失明原因の1位が緑内障で24%です。

    残念ながら緑内障で視力を失う方が増えてしまっているのです。

    若い働き盛りのトラックの運転手さんが、緑内障による視力低下のために運転免許証の更新ができず、
    泣く泣く仕事を失ってしまうケースや、結婚前の女性で、緑内障が進行し、
    パートナーへの負担を考えて結婚を取り止めたというケースも出てきている程です。

    医療が進歩した現代において、新しい点眼薬が開発され、新しい治療法が開発されていても、
    現代人の目の疾患が増え、弱くなる早さに、西洋医学はまったく追いつくことが出来ないのです。

    そんな現実の中で、緑内障で深刻にお悩みの方が、大変に多かったからこそ、
    わたしはこの「緑内障改善エクササイズ」を確立させたのです。


     

    PR